猫 さくらの腎不全発症から回復までの記録

猫 腎不全、bun140オーバー、クレアチニン11からの回復の記録です。

みかんのこと②(さくらの姉妹猫 腎不全で)

みかんは即入院となりました。

 

24時間ずっと点滴を入れて、治療。

 

入院になるなんて、、、

そんなに悪い状態だったなんて。

ごめんね、みーちゃん。

 
f:id:kirinchane:20170630211727j:image

 

それでもこの時は、入院して治療してもらえば治る、帰ってくると思ってました。

まだ5歳で若いということにあぐらをかきすぎて、どんなに若くても病気で亡くなってしまうこともある、という事を完全に忘れてました。

 

本当に無知な飼い主でした。

 

 

かかりつけの病院は車で15分。

車の運転ができなかった私は、バスを乗り継いでみーちゃんに面会に行きました。

 

その時は上の子供が1才だったので、抱っこ紐で抱っこしてバス乗って連れて行ったっけ。

(今回のさくらの通院は下の子が1才前。何だか状況が似てます。)

 

面会に行くと、すっくと立ち上がって近寄ってきたみかん。

帰りたいよ、瞳がそう言っていました。

今でも思い出します。

 

入院して3日目、腎臓の数値は依然高いまま、赤血球やヘモグロビンの数値が極端に低くなってきてしまいました。。。 

 


f:id:kirinchane:20170630210818j:image

 
f:id:kirinchane:20170630211919j:image

(左から、つくし、みかん、さくら)

 

続く